×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


 
 
 

 第三部
姫の部屋のひさしから矢の届くほどのところを
大麦の束の間を縫ってかの人が駆けてきた。
太陽は木の葉越しに目も眩むばかりの輝きを放ち、
真鍮の脛当てに燃えていた、
  雄々しいラーンスロット卿の脛当てに。
胸に赤い十字架を掛けた騎士がとこしえに
一人の貴婦人に跪いていた卿の楯模様、
その楯は黄色に熟れた麦畑に輝きを放った、
  人里離れたシャロット城のほとりで。

宝石を鏤めた馬勒(ばろく)の何という絢爛豪華、
さながら天空の星座群が
黄金色の天の川にかかって輝くよう。
馬勒の鈴はたのしげに鳴り響き
  卿はキャメロット目指し駆けてゆく。
また紋章で飾った卿の綬帯(じゅたい)から
大きな銀のラッパが下がっていた。
そして馬の歩みにつれて鎧は音を響かせた、
  人里はなれたシャロット城のほとりで。

雲ひとつない晴れ渡った青空に
宝石を鏤めた鞍の皮が光った、
兜も兜の羽根飾りも
さながら燃える焔のように輝いていた、
  卿がキャメロットに馬を進めたとき。
それはまた、紫色の夜空をしばしば、
燦然と輝く星辰の下、
光芒を引きながら彗星が
  静かなシャロット上空に流れるさまに似ていた。

卿の広い、色艶のよい額は日の光を受けて輝くばかり、
磨きの利いたひづめの軍馬に跨る卿は
兜の下から流れるごとき黒髪を垂らし
歩みを進めていた、
  キャメロット目指して馬を駆けるとき。
川の岸辺から、そして川の水面から
卿の姿が澄んだ鏡の中に映えて輝いた。
「ティラ・リラ」と川のほとりで
  ラーンスロット卿は歌うのだった。

姫は織物の手をとめ、機から離れた。
部屋の中を三歩あるいた。
睡蓮が咲いているのが見えた。
兜と羽根飾りが見えた。
  姫はキャメロットのほうを見下ろした。
飛び散る織物、あちこちに広がり、
端から端までひび割れる鏡。
「あの呪いがわたしに降りかかったのだわ」と叫んだ、
  シャロットの姫君は



シャロットの女
ウォーターハウス 1894 142×86cm
リーズ市立美術館



第二部へ 第四部へ