×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ウンディーネ ―哀しき水の女
 
 
 

ウォーターハウス ウンディーネ
1872 25.4×20.3cm 個人蔵



ウォーターハウスが描いた、最初の「水の女」が『ウンディーネ』です。
『ウンディーネ』はドイツ・ロマン主義の作家モット男爵が1812年に発表した小説です。
水の精ウンディーネは騎士フルトブラントと結婚し、人間として魂を得ますが、
幸せは長くは続かず夫に拒絶されてしまいます。
そのため精霊として自然界に帰らなければならなくなった彼女は
噴水から花嫁姿で現れ、自らの運命を嘆きながら
夫フルトブラントの命を口づけによって奪います。
フルトブラントは至福と苦悶に包まれて死んでいきます。

ウンディーネの流れるような金髪と体つきは
後ろの噴水とともに彼女の本質が「水」であることを表しています。
すなわち「あらゆる生命の根源」であり、
「生と死をめぐる時の流れの象徴」であり、
「受身であり、どんな器にも収まるが、最終的にはすべてを呑み込んでしまうもの」です。

そしてこの物語は世紀末に好まれた「愛と死」を主題としたものです。
ウンディーネの白い胸元は彼女の官能的魅力を具現化し
彼女が「死の口づけ」を振舞うにふさわしい存在であることを示しています。

哀しき「宿命の女」ウンディーネは
後のウォーターハウスの多くの作品に登場する女たちの原点といえるでしょう。