×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 
 

サティ,エリック

作成中

 

 

 
サマン,アルベールArbert Victor Samain(1858-1900)

フランスの詩人、北フランスリールの出身。

1882年ごろパリへ出る。

1889年「メルキュール・ド・フランス」の創刊に協力。

象徴派の影響を受け、官能性と深い憂愁を併せ持つ情緒を

絵画的・音楽的な詩句に歌い、「秋と黄昏時の詩人」と呼ばれた。

主な詩集に「王女の庭」「花瓶の側面」「黄金の車」などがある。

 
 
シェイクスピア,ウィリアムWiliam Shakspeare(1564-1616)

英国の国民的劇作家。

ヨーロッパ大陸では長らくあまり高い評価を得ていなかったが、

ロマン主義の時代になり広く受容されるようになった。

特にラファエル前派の画家たちは、シェイクスピア作品を題材にした作品を数多く手がけている。

 
 
シェリー,パーシー・ビーシュPercy Bysshe Shelley(1792-1822)

英国の詩人。

英国ロマン派詩人の中でも最もロマン派的な抒情詩人。

オックスフォード在学中「無神論の必然性」を書き、退学処分を受ける。

彼は現実の過酷な苦悩を超えて平和と自由の世界を信じた。

主な詩集に「アラスター」「ロザリンドとヘレン」など。

 
 
シダル,エリザベス・エレノア

作成中

 
 
シュヴァーベ,カルロスCarlos Schwabe(1866-1926)

ドイツ生まれで後にスイスに帰化した画家。1884年から亡くなるまでフランスで過ごす。

ジュネーヴ工業美術学校で植物画や装飾について学ぶ他はアカデミックな専門教育は受けていない。

初め自然主義に関心を持ったが、まもなくロマン主義的作風に転換し

さらに幻想的な象徴主義的作風に変貌していった。

自然を分析的に観察することによってもたらされた、高度に完成された細密描写が特色である。

ジョゼファン・ペラダンは第一回の「薔薇十字展」のポスターのデザインを彼に委嘱した。

また、マラルメ、サマン、ボードレール、ゾラ、メーテルリンクらの豪華本の挿絵によって名を高めた。

これらのことからもわかるように、彼は象徴主義の美術と文学の結びつきの強さを例証する画家の一人である。

代表作に「百合の聖母子」(1899)「墓堀人と死の天使」(1909)などがある。

 


ドイツの画家。レンバッハとベックリンの影響を大きく受ける。

1892年ミュンヘン分離派の結成に参加し、中心的存在となる。

暗く重い色調で肖像画や神話・伝説の世界を描き出した。

1895年ミュンヘンの美術アカデミー教授となる。

シュトゥックの教室からはカンディンスキーやクレーが出る事となる。

「罪」(1893)「スフィンクスの接吻」(1895頃)「サロメ」(1906)などのような

「宿命の女(Famme Fatale)」を題材にした作品を多く手がけており、

この点で世紀末象徴主義に連なっている。

 
シュトラウス,リヒャルト

作成中

 

 

 
スウィンバーン,アルジャーノン・チャールズ

作成中

 

 

 
セガンティーニ,ジョヴァンニ

作成中

 

 

 
セザンヌ,ポール

作成中