×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





 31    廃墟にて
更新日時:
2007/03/16



「死の神」のやうに強かつた「愛の神」も死にました
散りしぼむ花のあひだの
墓場にそつと寝かせませう、
頭のあたりには青い芝草
足のあたりには石を据ゑて
二人で一緒に坐りませう
夕まぐれ しづかな頃に。

「愛」の芽生えは春でしたが
収穫(とりいれ)も待たずに枯れました
晩夏(おそなつ)の暖かい日に二人の手元を去りました、
ほのぐらい秋の日の
つめたい頃を待ちもせずに。
ここの墓場に二人で坐つて
「愛は果てぬ」と歌ひませう。

単音の かなしい低い絃に合はせて
さうした歌をうたひませう、
年月の経つのにつれて 思ひ出はうすれても
芝草をじつと見つめて
過ぎた日の遠い昔の あれこれを
二人で憶ひ出しませう。
クリスティナ・ロセッティ「終り」
入江直祐 訳
 
 
バーン=ジョーンズ 廃墟の恋
1894 95.3×160cm
ナショナル・トラスト
 



| Back | Index | Next |