×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





 33    レバノンの花嫁
更新日時:
2007/07/06



花嫁よ、レバノンからおいでおいで、レバノンから出ておいで。
アマナの頂から、セニル、ヘルモンの頂から、
獅子の隠れが、豹の住む山から下りておいで。

わたしの妹、花嫁よ、あなたはわたしの心をときめかす。
あなたのひと目も、首飾りのひとつの玉も、
それだけで、わたしの心をときめかす。

わたしの妹、花嫁よ、
あなたの愛は美しく、ぶどう酒よりもあなたの愛は快い。
あなたの香油は、どんな香り草よりもかぐわしい。

花嫁よ、あなたの唇は蜜を滴らせ、舌には蜂蜜と乳がひそむ。
あなたの衣はレバノンの香り。

わたしの妹、花嫁は、閉ざされた園。閉ざされた園、封じられた泉。
ほとりには、みごとな実を結ぶざくろの森、ナルドやコフェルの花房


北風よ、目覚めよ。
南風よ、吹け。

わたしの園を吹き抜けて
香りを振りまいておくれ。

恋しい人がこの園をわがものとして
このみごとな実を食べてくださるように。


旧約聖書「雅歌」より
 
 
バーン=ジョーンズ レバノンの花嫁
1891 332.5×155.5cm
ウォーカー・アート・ギャラリー リヴァプール
 



| Back | Index | Next |