×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


目を閉じて
 
 
 

『目を閉じて』は、私の最も好きなルドン作品です。

この作品はそれまでモノクロームで奇怪な幻想を描き続けていたルドンが
色彩の世界に目覚めるきっかけとなった作品とされています。

この作品が製作される前年ルドンには次男が誕生しました。
長男を生後まもなく亡くした彼にとって、
次男の健やかな成長は何事にも代えがたいものでした。
妻子との平穏で幸せな生活の中で、
ルドンは色彩画家としての資質を開花させていきます。

この作品のモデルは彼の妻カミーユとされていますが、
特定の人物を描いた作品というよりも
夢想的な雰囲気そのものを描き出した作品という感じがします。
後の作品のような豊かな色彩はまだ見られませんが、
背景の青の美しさに魅了されます。

ルドンは「目を閉じて」のバリエーションを何点か描いていますが、
他の作品では花などのモティーフが加えられ、
また色彩もより鮮やかになっています。
しかし、人物の頭部のみをクローズアップし、
色彩も青と茶色のみの使用にとどめられたからこそ、
「目を閉じて」は独自の夢幻的美しさを放っているように思えます。

「目を閉じて」いる人物は自己の内面を見つめている姿とされていますが、
私にはモノクロームの夢から目覚める寸前のルドン自身の姿のように思えます。

この作品は1904年に国家買い上げとなりましたが、
ルドンの作品としては初めてのことでした。
そういう意味でも、この作品はルドンにとって重要なものではなかったかと思います。