×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


「婚約」の静物
 
 
 

私が初めて見たファンタン・ラトゥールの作品が
「『婚約』の静物」(グルノーブル美術館)です。
色使いや、描かれている花や果物がとても愛らしい作品です。
彼はこの作品を婚約の日に、相手のヴィクトワール・デュブールへ贈りました。

描かれている花には、花ことばによると
  ・ニオイアラセイトウ「逆境にも変わらぬ誠」「愛情の絆」
  ・黄水仙「気高さ」「私の愛にこたえて」
  ・ヒヤシンス「ひかえめな愛」
  ・白薔薇「純潔」
という意味があります。

そして果物はイコノロジー的に解釈すると、
  ・サクランボ・・・天国の果実、聖母の処女性
  ・イチゴ・・・官能的な愛
を象徴しています。

ファンタン・ラトゥール自身は描いたモティーフに特別な意味付けをしたわけではないのかも知れませんが、
花ことばなどをみていくと、まさに「婚約」の贈り物にふさわしいモティーフを選んでいるように思えます。