×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 
 


フランスの小説家・詩人ヴィリエ・ド・リラダン(1838-89)の代表作。

イギリスの青年貴族エワルド卿は絶世の美女アリシアに恋をするが、彼女の魂はその美貌に反して品性下劣なものであった。

エワルド卿にかつて助けられたことのある発明家エディソンが彼のためにアリシアとそっくりな人造人間アダリーを作り出し、

彼女にその美貌にふさわしい高雅さを備えさせる。エワルド卿もだんだんとアダリーのほうを愛し始める。

この作品はリラダン自身の現実の女性への幻滅と永遠の理想像の追求をテーマとしているとともに

当時の物質主義や科学万能主義への痛烈な批判ともなっている。

 

「夢」を意味し、ギリシア神話では「眠り」(ヒュプノス)の息子とされている。

「眠り」によってもたらされた「夢」を表現することが、世紀末象徴主義者たちの命題であったといえよう。